電話勧誘

被害が多く報告されているのが電話勧誘。
いきなり電話してきて巧みに商品販売、工事等々を仕掛けてきます。

騙されてはいけない彼らの手口

彼らの得意技は、

  1. しゃべりまくって口をはさませない。
  2. 質問をさせない。
  3. 大企業や知られたサービス名を出し、その会社から、又は正式に委託を受けた会社かのように装い、買うことが、工事することが”必要”、”必要”と何度も言い、そうしないといけないのかと思わせる。
  4. 当たり前のように手続き、スケジュールをどんどん進める。

私の事務所にも・・

  1. 突然に見知らぬ携帯電話から電話が・・
  2. 「現在、NTTフレッツ光回線等でインターネットをお使いですが、セキュリティーに関してルーター側に問題が発生しており、現在全てのお客さまに対策工事が必要になっており、順次対応させていただいております。」
  3. ここから怒涛の質問攻め。
    「今お使いのパソコンは何台ですか?」
    「インターネットにつながっているのは何台ですか?」
    「ネットバンキングをお使いですか?」
    「至急、セキュリテイ―工事が必要なので、この後、技術の者から工事日程確認の電話があるので対応下さい。」
  4. 速攻で同じ携帯番号から技術と名乗る者から電話。
    「先ほどお電話させていただきました〇〇○・・の〇〇です。」
    「工事の日程ですが・・・」
  5. 「工事は必要ありません。」(私)
    「全てのご利用者に対して行っている工事で・・」
    「必要があれば直接NTTに相談します。」
    「いや、これはセキュリテイ―上、必要な工事なんですが・・」
    「必要ありません。失礼します。」・・ガチャ。

後でネットで調べてみると、〇〇〇・・とい会社からの強引な電話勧誘に対する批判の口コミが多く出ていました。数十万円の費用を請求されるようです。

受話器越しに相手が話している声を聞きながら電話を切るのは、とても嫌な気持ちになってしまいます。
相手がこちらの都合も考えず、いきなり電話をかけてきて怪しげな営業をするような人たちでも。

そこを電話勧誘会社はついてきます。
延々と話し続けて、相手に電話を切らせる隙を与えません。
電話を切れずに1時間も2時間も話してしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかし、こちらが付き合う義務はありません。

迷惑だと文句をいう必要まではないと思いますが(まっとうに電話営業をされている方もおられるでしょうから)、「買いません」「必要ありません」と明確に断って、相手が何かを話し続けていても「失礼します」や「電話を切らしてもらいます」といって切りましょう

私の反省・・

通信関係でNTTや九電等を匂わせた営業電話は珍しくありません。
みなさんも一度は、そういう電話を受けたことがあるのでは。
NTTからの電話と思っていたら、代理店だった、何の関係もなかった、というケースが多いです。

しかし、今回は今までとは異なる手法・・というか、
とにかく、ガンガン話しを進め、ガンガン当然の様に質問してくる。
この部分は相手のペースにのせられてしまいました。猛省が必要です。
仕事中に不意を突かれた状態でしたが、強引にでも相手の話しを止めるべきでした。

もちろん、話しを止めていろいろ聞きただしたとしても、ウソを言う、ごまかす、いかようにもとれる曖昧な回答をする業者であれば騙される可能性があります。

不信に思えば、まず、断りましょう。
本当に必要な工事等であれば、NTT等の会社から案内状、書類が正式に送付されてくるはずです。
心配であれば、NTTのお客様窓口に問合せしましょう。

疑問を感じれば、1人で決めずに家族や友人に聞きましょう。

そして、是非、是非、国民生活センターにご相談下さい。
国民生活センターには、怪しげな業者、問題を起こしている会社の情報が集まっています。
電話をして「〇〇という会社からこういう工事が必要だと言われたが・・」と相談すれば、適切に回答してくれます。

もし契約してしまったら

契約しても諦めないで下さい。
電話勧誘は、特定商取引法でクーリングオフできる対象に指定されています。
契約をしてから8日以内であれば、無条件で解約できます。

8日を過ぎていても、消費者契約法という別の法律を使って解約できる場合があります。
その場合は、国民生活センターに相談して下さい。
無料で対応してくれます。
電話 : 188

また、弁護士や司法書士も法律に基づいて対応しますので、無料相談に対応している事務所にまずはご相談下さい。
当事務所も、初回無料相談を行っていますので、お気軽にご相談下さい。