司法書士フィオルーナ法務事務所

「不動産登記」の記事一覧

民法改正9 共有地の裁判分割|福岡の司法書士フィオルーナ法務事務所

~裁判による共有物分割~ 祖父名義の土地を父と叔父が共有者として相続している。 親名義の土地の相続について兄弟間でもめてしまい、結局、共有名義で相続した。 父には他者と共同で購入した共有不動産がある。 このように、いろい […]
換価相続

民法改正ー8(2) 所有者不明土地・建物の再利用|福岡の司法書士フィオルーナ法務事務所

所有者が不明な土地・建物の売却 今回、新たに制定された所有者不明不動産の管理制度の大きな目的は、放置状態にある土地・建物の再利用・有効活用にあります。 所有者不明不動産を売却を含めた再利用をするためには、裁判所に管理人を […]
換価相続

民法改正ー8(1) 所有者不明土地・建物の再利用|福岡の司法書士フィオルーナ法務事務所

所有者が不明な土地・建物 所有者が不明で空家、空き地が地域に急拡大しています。 この問題は過疎が進んでいる地域だけの問題ではなく、東京を含めて福岡のような地域にもみられる深刻な問題です。 空家・空き地は管理する人がいない […]
会議

社長・取締役が会社に、会社が社長・取締役に不動産名義を変更するときの注意点

中小零細企業、特にオーナー企業だったりすると、社長や役員と会社の関係は蜜になります。 自身の資産を持ち出しで会社のために使ったりと、オーナーであれば感覚的には自分の資産と会社の資産との間に大きな区別はないでしょう。 ※税 […]