司法書士フィオルーナ法務事務所

TEL:092-707-0282受付:09:00〜18:00 定休日:土・日・祝

なぜ相続はもめてしまうのか?

主な原因は各相続人が抱く不公平感とできるだけ多くという強い欲望です。 遺言書が無い場合、遺産は全相続人による協議で決めることになります。 故人が生前、各相続人と全く平等に、特に金銭的に平等に接するということは難しいでしょう。家族としての長い歴史を通して各相続人にはそれぞれの思いがあるでしょう。 その思いを抱えつつ穏やかに話し合いにより遺産分割ができればベストなんですが、互いの思いがぶつかり合うともめてしまい、結果、争続になってしまいます。

不公平感と欲望への対策

故人の生前、多くの金額を援助してもらっていた相続人とそうでない相続人の相続割合が同じだと、そうでない相続人は不公平感を抱くでしょう。生前に故人の生活を支援していた相続人とそうでない相続人の場合も同様でしょう。 この場合、法律は相続を実質的に平等にしようと調整することを認めています。特別受益と寄与分です(詳細はこちら)。 できるだけ多くという欲望には対処方がありません。各相続人のその時の経済的状況にも影響されます。大きな支出が予想される場合は、その欲望はより大きくなるでしょう。


争続にしないための方策

上記のよう、不公平感は調整方法があるのですが、欲望はどうしようもありません。対処は抑え込む・・です。 もちろん力ずくではなく、欲望のまま主張することができない状況を事前に準備しておくということです。 それには

1.遺言書(公正遺言証書がベストです)
2.家族信託(詳細はこちら)

遺言書があれば、形式に問題なければ内容通りに分割されますので、争いを抑止することができます。
家族信託であれば、自分の生存中にある程度の形を作ることも可能です。
残された家族のための遺産が、争続の原因となっては何のための遺産か分からなくなります。 ベストな方法でご家族に遺産を残せるよう当事務所がお手伝いいたします。


<< 前のページに戻る

電話

ご相談予約フォーム

相談受付

無料出張相談

出張受付

知っておきたい事

❖相続放棄の落とし穴

相続放棄をすれば、故人の財産(不動産・預貯金等)を取得できないと同時に、借金等の負の財産についても責任を負わなくなります。相続放棄をするには家庭裁判所にその旨の申立をしなければ認められません。では、申立をしさえすれば全ての責任が無くなるか? 無くならない場合があります。
»詳細はこちら

❖遺言書では守れない家族の生活

遺言書で遺産の使い方を指定することができます。これを負担付遺贈と言います。例えば特定の家族の扶養を条件に遺産を与えるとする遺言書も有効です。しかし、遺産はもらったが面倒をみなかった場合はどうなるか。取り消すには家裁への申立が必要だったり、既に使われてしまっていたら取戻しもできません。遺言書以外の方法も検討しましょう。
»詳細はこちら

❖どうして相続が争続になるのか?

キーワードは公平感です。家族には歴史があります。相続人が故人から生前に受けた経済的支援はそれぞれ異なります。その不平等感を相続で補おうとするときに争続になってしまいます。そうならないためにも事前準備が必要です。
»詳細はこちら

❖案外怖いリボ払い

毎月の返済額が一定であることを売りにしているリボ払い。計画的に利用すれば便利な返済方法ですが、安易に利用し続けると大変なことに。
»詳細はこちら

❖時効による消滅の注意点

金融会社からの借金は、通常5年で時効が成立します。ただし、成立しただけで借金が完全に消滅したわけではありません。消滅させるにはさらに手続きが必要です。
»詳細はこちら

▶役立つリンク集◀
日本司法書士会連合会
福岡県司法書士会
法テラス

当事務所は法テラス登録事務所です。

国民生活センター
福岡県消費生活センター