司法書士フィオルーナ法務事務所

TEL:092-707-0282受付:09:00〜18:00 定休日:土・日・祝

相続放棄の落とし穴

落とし穴その1 知らない間に故人の負債の相続人になっていた

誰が相続人になるかは、法律で規定されています(=法定相続人)。
1.故人(=被相続人)の配偶者(妻又は夫):常に相続人になります。子供がいれば子供と共に相続人になる。
2.故人の子供:常に相続人になります。
3.故人の父母:故人に子供がいない場合に相続人なります。故人に配偶者がいる場合は、配偶者と共に相続人になります。
4.故人の兄弟姉妹:故人に子及び親がいない場合に相続人となります。故人に配偶者がいる場合は、配偶者と共に相続人になります。

相続人の地位は移転する

上記のように相続人及び相続する順位が決まっています。そして、ある相続人が相続放棄をすると、相続権は次順位の相続人に移転します。 例えば、故人に妻、子がいる場合 妻が相続放棄をすれば、子のみが相続人となりますが、子が相続放棄すると、上記3の故人には子がいないものとして扱われ、 妻と故人の親が相続人となります。さらに、親が相続放棄すると妻と兄弟姉妹が相続人となります。 子と親が相続放棄したことで、兄弟姉妹に相続権が移転したことになります。

ここに注意

相続放棄はいろいろな事情でなされますが、多くは故人に多額の借金があるときです。 相続放棄ができる期間内(亡くなったことを知ってから3か月以内)に手続きをしないと相続したものとみなされます。 故人の兄弟姉妹が、故人の妻、子、親が相続放棄した後、そのまま放置していたら、自分が故人の負債の 相続人となってしまいます。故人に借金が多い場合は、相続放棄する方は次順位の相続人に連絡するようにしましょう。 ただし、通知は義務ではないので、次順位相続人の方も、先順位相続人に相続放棄の有無を確認し、放棄している場合は 速やかに自分の放棄手続きを行って下さ。相続放棄の有無は家庭裁判所で確認することもできます。


落とし穴その2 深刻な空き家問題

相続放棄は家庭裁判所に申述書を提出し、受理してもらうことで成立します。 では、相続放棄することで故人の遺産と一切関係なくなる・・かというと、そうではないんです。 次の事例をご覧ください。

実家に親が1人で住んでいたが、先日亡くなった。財産といえば古い家くらいで他に何もない。 地元の不動産屋に聞いたら、過疎地域で売りに出しても買い手はいないだろうとのことだったので、今後の管理の面倒を考えて相続放棄をした。

この場合、実家を相続することはなく、固定資産税の支払いも不要になりますが、一切関係なくなるということではありません。 民法には”相続放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。”という規定があります。 新たな相続人が実家である古い家の管理を始めるまで、あなたは自分の家と同じようにその家を管理しなければならないんです。 適切に管理しなければならないということは、仮に実家が劣化して近隣に被害を及ぼすようなことが起きると、賠償義務を負うことになります。 新らたな相続人が相続してくれたら良いのですが、相続人が自分1人のときはどうするか? その場合、家庭裁判所に相続財産管理人を選任してもらいます(費用が結構高額です)。名の通り、あなたに代わって実家を管理してくれますので、 賠償責任から回避できます。基本的に管理人は、相続財産の清算を行い、不動産に価値があれば売却されるか国が引き取ることになりますが、今回のように価値がない場合、 売却もできす、また国もこうよな不動産は引き取りません。こうなると、管理人による管理が続くことになり、遺産で管理費用が支払うことができなければ選任を申立た人が負担することになります。 この負担を考えると、相続放棄をせずに自身で管理することや、管理の面倒を除くために、費用はかかりますが家を解体して更地(固定資産税が上がります)の状態にする等の検討も必要になります。


<< 前のページに戻る

電話

ご相談予約フォーム

相談受付

無料出張相談

出張受付

知っておきたい事