司法書士フィオルーナ法務事務所

TEL:092-707-0282受付:09:00〜18:00 定休日:土・日・祝

任意整理手続き

任整理とは

司法書士があなたの代理人となって直接金融業者と交渉して債務整理を行います。裁判所はかかわらないので手続きが他の方法とくらべて簡単です。
基本的には、今ある借金額を固定して(今後利息が付かないようにする)、それを原則3年(もしくは5年)で月額均等にて返済していきます。



こう思われる方もいらっしゃると思いますが、任意整理では裁判所が関与しないので強制的に元本を減らすことはできません。業者と交渉の際、元本の減額要求もしますが、残額を一括で返済する場合や業者自身の都合で早期に処理したい等々の理由がない限り、通常、元金はそのままで以後の利息(将来利息)が免除されることになります。 ※平成22年以前から繰り返し借入れをされている方は、過払い金(法律で決められた以上を利息として払った額)が生じている可能性があるので、過払い金を元本から差し引くことで大きく元本が減ったり、またはお金が戻ってくることがあります。

しかし、任意整理のメリットは案外大きいんです。

次の事例をご覧ください。
貸金業者からの借入残高60万円(利率は17.8%)を3年で返済する場合:

3年間順調に返済したときの返済総額は・・・・・77万8,709円になります。今後3年間の利息は約17万8,000円になり、これを将来利息と呼びますが、任意整理ではこの将来利息を全額カットし、月額均等払いで返済していくよう業者と取り決めます。

通常、任意整理をする多くの方は5社前後の貸金業者から借入れをしているケースが多いです。例えば、5社から各60万円、計300万円の借入残高があり、それぞれに将来利息が免除されれば、17万8,709円 X 5で合計89万の利息の支払が免除されることになります。


返済するうえで、利息はいくら? 元本がどれだけ減ってる? これらを気にとめない方が結構いらっしゃいます。しかし、こうして具体的に数字にあらわすと、300万円借りて89万円も利息として支払わなければならないことが分かります。3年でこの額ですから、ずるずると返済を伸ばせば、利息はもっと大きくなってしまいます。任意整理をすれば、これだけの利息を払わずに済み、毎月の返済が今よりらくになります。

※ほとんどの業者は任意整理に応じるのですが、まれに応じない業者もいます。その場合は他の方法による債務整理を検討いたします。


任意整理についての質問集

<< 前のページに戻る

電話

ご相談予約フォーム

相談受付

無料出張相談

出張受付

知っておきたい事項