司法書士フィオルーナ法務事務所

TEL:092-707-0282受付:09:00〜18:00 定休日:土・日・祝

家族信託

家族信託とは?

その名のとおり、あなたの大切な財産をあなた自身やあなたの指定した方のために、信頼できる家族・親族に託して(あずけて)管理・運営・処分等をしてもらう制度です。

なぜ、この制度が必要なの? まだまだ自分で管理できるし、自分が死んだ後のことは、遺言書にちゃんと書いとけばいいんじゃないの??


もちろん、それでも良いのですが、急な事故や病気、自分が気付かないうちに認知症になってしまったときの財産管理をどうするか、自分がいなくなった後の妻や、その妻が死んだ後の子の生活がどうなるか・・・心配事はたくさんあります。管理できなくなったときの自分や死んだ後の妻や子、孫のために、自分の財産をどう管理するか、そして最後はどう処置するかをきちんと決めておく・・それが家族信託なんです。

こんな方は家族信託を一度ご検討下さい

1.実家に両親2人暮らし・老親1人暮らしだけど、病気や認知症等になったときが心配・・・

2.夫婦2人で暮らしているが、最近高齢のせいか、家やお金の管理が面倒で負担になっている・・

3.私には親から相続した大事な財産があるが、私達夫婦には子供がいない。私が死んだらこの財産はどうなる?・・

4.夫が認知症、子供に重い病気・障がいがある。私になにかあったら、夫・子供の生活はどうなる?・・

5.中高年になった今、再婚したい相手がいるが、相続が障害となって先妻との子が反対している・・

6.先祖代々受け継ぐ土地を長男、そして孫に受け継がせたいが・・

7.事業・商売をしている、元気なうちに子供に譲りたいが、全く権限がなくなるのが心配・・

8.共有で不動産を管理・運営しているが、誰かが死んだとき、その相続人とうまくやっていけるか心配・・

上記以外でも、家族信託であなたの財産をあなたやあなたの大切な方のために、どう管理・運用・処分し、そして受け継いでいかせるか柔軟に取決めることができます。

家族信託の登場人物

委託者
所有している家や土地、お金等を信頼する家族・親族に信託財産としてあずける人です。



受託者

委託者からあずかった信託財産を信託契約の内容に従って受益者のために管理・運営・処分する人です。



受益者

管理・運営・処分により得た収益や家を処分した場合の代金を受託者から受け取ったり、信託財産を使用したりする人です。受託者が適切に管理しているか監督もできます。


追加できる人物



受益者代理人

受益者ができる行為を代理人として行います。受託者を監督するこもできます。



信託監督人

受託者の管理が適切か監督する人です。


家族信託の基本的な手順

ステップ1.面談・聞き取り
ご相談者が気になっている事・心配されている事をご遠慮なくご相談下さい。司法書士には守秘義務が課せられていますので、外部に情報がもれることはございません。

ステップ2.最善策の検討
ご相談者のご希望、最終的にどういう形がお望みなのか等々をお聞かせいただき、家族信託や遺言・任意後見・生前贈与等の中から、ご希望に合ったベストな方法は何かをご一緒に検討させていただきます。

ステップ3.方法決定とご説明
検討の結果、家族信託がベストな方法であれば、家族信託の仕組みについて詳細に説明させていただきます。

ステップ4.概略の決定
家族信託において、以下の事を決めていきます。
1.信託の対象となる財産は何か 2.受託者・受益者を誰にするか 3.信託された財産の受託者による管理・運用・処分方法 4.委託者・受託者・受益者の権限内容 5.信託の終了の仕方
上記の内容について打ち合わせを行い、その内容を決めていきます。

ステップ5.契約書の作成・締結
決めた内容を書面にし、信託契約書を作成、委託者と受託者間で契約締結します。※後日の紛争をできるだけ回避するためにも、公正証書により契約書を作成することをおススメします。

ステップ6.信託開始
信託財産が不動産であれば、名義を受託者に移転登記し(信託登記)、お金であれば、区別できる受託者名義の口座(信託口口座等)に入金します。この後、受託者は信託契約に従って、信託財産の管理・運用・処分等を行っていきます。※不動産登記簿には、移転の原因として”信託”と記載されるので、第三者が登記簿を見れば、当該不動産が信託財産であることが分かります。

事例でわかる家族信託

家族信託の制度を有効に利用できる事例としてあげております。ご自身の状況と照らしてご検討してみて下さい。

1.親の介護問題

2.夫婦間介護問題

3.子がいない夫婦の相続問題

4.中高年の再婚相続問題

5.先祖代々の土地の承継問題

6.障がいある子の親亡き後問題

7.子供への事業承継問題


<< 前のページに戻る

電話

ご相談予約フォーム

相談受付

無料出張相談

出張受付

知っておきたい事