司法書士フィオルーナ法務事務所

福岡での相続手続き、相続放棄、遺言書作成や会社設立登記等は司法書士フィオルーナ法務事務にご相談下さい。

「相続」の記事一覧

不動産登記

相続放棄をしても故人の家を保持する方法

故人に多額な借金等がある場合、故人の預貯金等の財産を相続すると借金も同様に相続することになります。 個人の借金相続を回避する方法として、相続放棄が一般的です。 家庭裁判所に所定の申述書を提出し受理されることで相続放棄手続 […]
遺留分

遺言書で遺留分対策

自分に何かあった後、相続で家族が争いにならないか心配、、と思われる方は多くいらっしゃいます。 遺言書がなければ相続人であるご家族で話し合って決めることになり、ここでもめてしまうことがあります。 揉め事を回避するには遺言書 […]
相続登記

第三者が勝手に他人の相続登記をする

人が亡くなり相続が発生すると、相続手続きは相続人によって行われます。 遺言書があって遺言書に遺言執行者が指定されていれば、その者が相続手続きを行います。 遺言執行者は故人の意思により指定されているので、指定されていれば相 […]
養子相続

養子の相続について

親族であればだれもが相続人になるのではなく、相続人になるにかどうか順位が規定されています。 配偶者(夫又は妻)は必ず相続人になります。 ※事実婚、内縁関係は除く。 配偶者と共に共同相続人となるのは、 第1順位:子 第2順 […]
遺言書

遺言書に反する相続の可否

遺言書がある場合は遺言の内容通りに、ない場合は相続人全員で協議(遺産分割協議)して遺産を分割する、これが遺産相続の基本になります。 仲の良いご家族であっても、いざ、遺産分割の協議になるとそれぞれ抱える事情や感情のもつれに […]
家庭裁判所

遺産分割調停と司法書士

財産を持っておられる方が亡くなると相続が生じます。 亡くなられた方の財産の処分方法を決めなければいけません。 遺言書があればその内容に従って処分されていきますが、なければ相続人全員で協議して決めることになります(遺産分割 […]
相続放棄手続き

相続放棄の落とし穴

人が亡くなると相続が発生します。 相続というと、土地や預貯金のようなプラスの財産を思い浮かべますが、借金のようなマイナスの財産も相続の対象となります。 プラスの財産だけを相続してマイナスの財産はいらない、、ができればよい […]
換価相続

相続した土地を売って代金を相続人間で分ける方法

持ち家に1人で住んでいる親が亡くなったら、家をどうするかの問題が出てきます。 相続人である子が全員独立していて家を引き継ぐ者がいないような場合、売却して代金を相続人間で分けるということがよくあります。 また、家を誰が相続 […]
18成年

成年年齢18歳改正と相続

成年年齢が20歳から18歳へ 令和4年4月1日より、民法上「大人」として扱われる成年年齢が従来の20歳から18歳に改正されます。 喫煙や飲酒など20歳規制が残存される項目もありますが、今後、18歳は大人として法律上扱われ […]