司法書士フィオルーナ法務事務所

福岡での相続手続き、相続放棄、遺言書作成や会社設立登記等は司法書士フィオルーナ法務事務にご相談下さい。

「相続」の記事一覧

子供のd相続放棄

親の責任重大、相続放棄を軽く考えると子供に借金が!

相続とは、故人の財産(相続財産)を相続人が承継することを言います。 相続財産には預貯金や不動産等の積極財産もあれば借金等の消極財産もあり、通常、相続すると全てを受け継ぐことになります。 故人の積極財産を全部処分しても払い […]
会議

遺産分轄協議したら相続放棄できない?

故人が遺言書を残していない場合、故人の遺産は相続人全員で協議して分割方法をきめることになります。 協議で誰に何をどのように分けるかを話し合うことになるので、まず、遺産の中身を確認することにます。 この遺産の確認作業で故人 […]
換価相続

民法改正ー3 相続放棄と遺産の管理責任

相続放棄をしたら故人の遺産(相続財産)とは一切関係なくなる、、と思われている方も多いです。 相続放棄により初めから相続人ではないことになるので、他人と一緒で遺産とは関わり合いがなくなると思われるのも無理ありません。 遺産 […]
相続登記

長期放置で相続登記が面倒に

Aさんが亡くなってAさん名義の土地を相続人であるBさんが相続する。 このケースでは、相続を原因としてAさんが亡くなった日付で名義をBさんに変更する登記を行います。 遺言書や遺産分割協議書を添付して申請することになります。 […]
遺留分

相続させる遺言の法的効力が低下

2018年に相続に関する民法が一部改正されました。 改正は令和1年7月1日以後に開始した相続から適用されます。 この改正により「○○に△△を相続させる」と書かれた遺言書の法的効力(対抗力)に大きな変更が生じることになりま […]
不動産登記

相続放棄をしても故人の家を保持する方法

故人に多額な借金等がある場合、故人の預貯金等の財産を相続すると借金も同様に相続することになります。 個人の借金相続を回避する方法として、相続放棄が一般的です。 家庭裁判所に所定の申述書を提出し受理されることで相続放棄手続 […]
遺留分

遺言書で遺留分対策

自分に何かあった後、相続で家族が争いにならないか心配、、と思われる方は多くいらっしゃいます。 遺言書がなければ相続人であるご家族で話し合って決めることになり、ここでもめてしまうことがあります。 揉め事を回避するには遺言書 […]
相続登記

第三者が勝手に他人の相続登記をする

人が亡くなり相続が発生すると、相続手続きは相続人によって行われます。 遺言書があって遺言書に遺言執行者が指定されていれば、その者が相続手続きを行います。 遺言執行者は故人の意思により指定されているので、指定されていれば相 […]
養子相続

養子の相続について

親族であればだれもが相続人になるのではなく、相続人になるにかどうか順位が規定されています。 配偶者(夫又は妻)は必ず相続人になります。 ※事実婚、内縁関係は除く。 配偶者と共に共同相続人となるのは、 第1順位:子 第2順 […]
遺言書

遺言書に反する相続の可否

遺言書がある場合は遺言の内容通りに、ない場合は相続人全員で協議(遺産分割協議)して遺産を分割する、これが遺産相続の基本になります。 仲の良いご家族であっても、いざ、遺産分割の協議になるとそれぞれ抱える事情や感情のもつれに […]
家庭裁判所

遺産分割調停と司法書士

財産を持っておられる方が亡くなると相続が生じます。 亡くなられた方の財産の処分方法を決めなければいけません。 遺言書があればその内容に従って処分されていきますが、なければ相続人全員で協議して決めることになります(遺産分割 […]