司法書士フィオルーナ法務事務所

福岡での相続手続き、相続放棄、遺言書作成や会社設立登記等は司法書士フィオルーナ法務事務にご相談下さい。

Author: fioluna

不動産登記

相続放棄をしても故人の家を保持する方法

故人に多額な借金等がある場合、故人の預貯金等の財産を相続すると借金も同様に相続することになります。 個人の借金相続を回避する方法として、相続放棄が一般的です。 家庭裁判所に所定の申述書を提出し受理されることで相続放棄手続 […]
隣地

民法改正ー1 隣地使用問題

民法が大きく改正され順次改正法の適用が開始されています。 民法は一般生活に直接影響することが多く、改正された法律で生活する上で重要なものがあります。 今回は、その中でも特に実際の生活でトラブルが起きやすい「隣地問題」に関 […]

福岡市で会社設立 スタートアップ支援制度

新たに事業を開始するためや、個人事業主としてある程度の実績をあげて法人化したりと、いろいろな状況で会社が設立されます。 会社を正式に立ち上げるにはいろいろな手続きをしなければいけません。 税務署への開業届、社会保険関係関 […]
黄金株

取締役の責任

事業をしていると順調にいくこともあれば、苦境に立つこともあります。 苦境を乗り越えられれば良いのですが、大きな失敗をしたり倒産することもあります。 個人事業主だと取引や借入等が全て個人で行ってるので、責任は全て経営者であ […]
倒産

自己破産リスク回避の信託

更なる拡大を目指して新たな分野に挑戦・進出する場合、当然、失敗するリスクもあります。 大きな資金が必要で金融機関からの借入する場合、個人として連帯保証人となることが求められるので失敗して返済できなくなると最悪自己破産とい […]
会社解散

有限会社の解散手続き

2005年の会社法改正で有限会社の制度は廃止されました。 改正後、有限会社を設立することはできなくなりましたが、廃止時点で存在していた有限会社は「特例有限会社」として存続することが認められています。 有限会社という制度が […]
会議

社長・取締役が会社に、会社が社長・取締役に不動産名義を変更するときの注意点

中小零細企業、特にオーナー企業だったりすると、社長や役員と会社の関係は蜜になります。 自身の資産を持ち出しで会社のために使ったりと、オーナーであれば感覚的には自分の資産と会社の資産との間に大きな区別はないでしょう。 ※税 […]
賃貸アパート

古い建物の賃借人への立退き要求 押さえる4っのポイント

築年数が多いアパートや一軒屋を借家として賃貸している大家さんで、対応に苦慮されている方も多いと思います。 建物が古くなると借り手も見つかりにくくなり空室も増えますし、修繕費の負担も大きくなっていきます。 この場合、対応策 […]
遺留分

遺言書で遺留分対策

自分に何かあった後、相続で家族が争いにならないか心配、、と思われる方は多くいらっしゃいます。 遺言書がなければ相続人であるご家族で話し合って決めることになり、ここでもめてしまうことがあります。 揉め事を回避するには遺言書 […]
相続登記

第三者が勝手に他人の相続登記をする

人が亡くなり相続が発生すると、相続手続きは相続人によって行われます。 遺言書があって遺言書に遺言執行者が指定されていれば、その者が相続手続きを行います。 遺言執行者は故人の意思により指定されているので、指定されていれば相 […]
養子相続

養子の相続について

親族であればだれもが相続人になるのではなく、相続人になるにかどうか順位が規定されています。 配偶者(夫又は妻)は必ず相続人になります。 ※事実婚、内縁関係は除く。 配偶者と共に共同相続人となるのは、 第1順位:子 第2順 […]